×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘム鉄

ヘム鉄のサプリメント

ヘム鉄サプリメントの使い方は、どういったものでしょう。かつてと比較すると、今の日本人には多くの栄養素が欠乏気味だとされています。サプリメントで不足分を補うことで、体に必要な栄養を満たすことが可能です。

 

特に最近の女性は貧血傾向があり、ダイエット中の栄養バランスの崩れた人によくみられます。妊娠をしている時は胎児が使う栄養もあるので、貧血にやりやすい状況です。鉄分を多く含むほうれん草やレバーを取り入れることで、貧血の原因である鉄分不足が解消されます。

 

ただし動物性の鉄分と植物性の鉄分とでは細かい成分に違いがあり、肉などの動物性の食品に含まれている鉄分は、ヘム鉄といいます。ヘム鉄以外の鉄分、ほうれん草などに存在する鉄分は非ヘム鉄と呼んで区別しています。

 

体内での吸収はヘム鉄の方がかなり高いので、普段から貧血気味な人は、できればヘム鉄を積極的に補給したいところです。ヘム鉄を摂取する為とはいえ、肉類はカロリーが高いので、ダイエット中の人は気になる所です。その点、サプリメントでヘム鉄を補充するという方法ならば、カロリーの問題は解決します。

 

ヘム鉄サプリメントは、数多くの種類が店頭に並んでいます。サプリメントに含まれているヘム鉄の量を調べるなどして、いいものを使いましょう。ダイエットのために食事を減らしているという方も、不足しがちなヘム鉄をサプリメントで補い、貧血にならない体を維持しましょう。

 

ビタミンCと同時に取り入れることで、ヘム鉄の吸収効率はアップします。ヘム鉄と、ビタミンCが一緒に入っているサプリメントもあります。

ヘム鉄サプリメントの効果的な摂り方

ヘム鉄サプリメントはどのように摂取すればいいでしょう。他の栄養素と比較すると、鉄分は吸収されにくい成分です。そのため、積極的に取り入れていても、必要量に届いていないことがあります。特に貧血気味の人はサプリメントを利用することで、効果的にヘム鉄が補給できるので気軽に始めてみるのもいいでしょう。

 

また、日頃から軽い気持ちで摂取している食品には、ヘム鉄の吸収を阻害する成分も存在します。お茶に含まれているタンニンはヘム鉄の吸収を悪くします。従って、ヘム鉄サプリメントを使う時は、できるだけ水で飲むようにしてください。ヨーグルト、牛乳、コーヒーなども、鉄の補充のためには使わない方がいいようです。

 

食品の影響を受けないように、ヘム鉄のサプリメントは食後1〜2時間に摂ったほうが、より効果的に成分を吸収することができるといわれています。生理期の女性は、出血によって体内の鉄分が減少し、貧血傾向になっているといいます。

 

ヘム鉄サプリメントを普段から持ち歩き、生理になった時だけ使うという方法も、一時的な貧血対策になるでしょう。複数のサプリメントを併用している人は、サプリメント同士の飲み合わせが良くないと互いの効果を減らし合っていることがあります。

 

ヘム鉄サプリメントは、ビタミンと共に摂取することで体への作用が変わることがあります。飲み合わせを考慮してサプリメントを選ぶことも、必要なことといえます。

ヘム鉄のサプリメントの副作用

サプリメントでヘム鉄を摂取することは、貧血予防などに効果があるといいます。ヘム鉄の過剰摂取は思わぬ副作用を起こす場合もあるようなので注意が必要です。特にヘム鉄のサプリメントの過剰な利用で出やすい症状は食欲不振や便秘だそうです。

 

お腹に赤ちゃんがいる状態では、病院での定期的な血液チェックの結果で貧血が認められると錠剤が出されますが、やはりこの時も飲みすぎで悪影響が出ることがあります。ヘム鉄サプリメントを使うと、黒っぽい便が出ることがありますが、これは想定の範囲内です。

 

ビタミンCの体内への吸収が、ヘム鉄の取りすぎで抑止される場合があります。中毒症状や壊血症になってしまうこともありますので、気をつけましょう。サプリメントは手軽につかえるため、つい飲み過ぎてしまうことがあります。

 

ヘム鉄サプリメントと上手につき合うには、まず自分の血液の数値について知っておくことが大事なことです。ヘム鉄サプリメントを使う時には、貧血状態でなくなったら使用を終了するという方法もあります。ヘム鉄サプリメントを飲み続けているのに、一向に貧血体質が変わりそうにないなら、病院での診察も考えてみましょう。

 

体のどこかが出血しているのかもしれません。子供と大人では体の大きさも違うので、所要量も必然的に変わってきます。食品カテゴリだからたくさん食べても大丈夫と油断せず、ヘム鉄を子どもに与える時は子どものための量に留めてください。


このページの先頭へ戻る