×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EPA、DHA

EPAやDHAのサプリメント

DHAやEPAをサプリメントで摂取するという方法があります。EPAやDHAサプリメントは、最近は人気が高い商品です。人体が必要としている脂肪酸として、DHAやEPAが知られています。どちらの栄養素も本当の名前はもっと長いのですが、呼びやすい言い回しをしています。

 

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸です。近年の研究では、DHAを与えたラットは、それ以外のラットより高い知能を示しました。DHAは知能のアップに影響があるらしいことが判明したわけです。

 

天然の食材でDHAやEPAを摂取するには、いわしやまぐろなど青い部分がある魚を食べるといいと言われています。青魚が脳を良くするという話はよく聞いています。サプリメントの開発会社の多くがEPAやDHAに着目し、サプリメントにするために様々な方法を用いてきました。

 

今ではEPAやDHAは人気のサプリメント商品となっています。血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸としての効果が明らかになったことも、EPAやDHAへの需要が高まっている理由です。エスキモーはアザラシを食べており、デンマーク人は食べません。

 

このことが、エスキモーが動脈硬化を起こしにくい理由にあるようです。EPAやDHAの量を確認したところ、アザラシには多く含まれていたといいます。EPAやDHAサプリメントを、血液サラサラ効果のために使うという人も増えてきています。

 

魚を食べる機会が減っている若い人たちにとっても、サプリメントで気軽にEPAやDHAが補充できるという点は魅力的のようです。

EPAやDHAの効果とサプリメントについて

DHAやEPAは、体に役に立つ栄養成分です。サプリメントでもよく使われている、人気商品です。食べ物から摂取して補うしか方法はありません。マグロやいわしなど、主に魚に豊富に含まれている栄養成分です。

 

私達の食事は、かつてと比べると魚介類を摂取しなくなっています。心筋梗塞や脳梗塞の発症率は、魚を食べる量と反比例していると言われています。不飽和脂肪酸であるEPAやDHAは、血栓を作る血中脂肪やコレステロールを下げる作用があり、血液をサラサラにする効果があると言われています。

 

DHAやEPAをサプリメントなどで摂取することにより、血中コレステロールを下げてメタボリック予防に役立てようという人も少なくないようです。特にEPAはDHAと比較すると、悪玉コレステロールを防ぐ作用は少なめですが、中性脂肪を抑制する効果はより高めです。

 

高脂血症の薬としてもEPAは使われており、医療の面からも効果が認められています。本来は普段の食事から当たり前のように摂っていたのがEPAやDHAです。なかなか毎日魚を食べることができなくなった現代人にとって、サプリメントで補うことは有効な方法ともいえます。

 

サプリメントは扱いが手軽ですし、栄養成分だけで作られているため栄養素の補充にカロリーを伴うこともありません。サプリメントは食品のカテゴリに入りますので、EPAやDHAのために取り入れても副作用リスクが少ないとされています。

EPA、DHAサプリメントの注意点

健康のためには、EPAやDHAのサプリメントを活用しましょう。血中コレステロールや血中脂肪が高い人はEPAやDHAを食事やサプリメントで取り入れて血液をサラサラにするといいといわれています。

 

DHAやEPAを体内に補充する時は、食品の場合はお腹がいっぱいになるまで食べれは自然と打ち止めですが、サプリメントではオーバーすることがあります。血液をサラサラにするサプリメントを使いつつ、血中脂肪の対策として薬を飲んでいるという人は、薬の効果があらわれすぎ良くない効果ができることがあるようです。

 

血液が凝固しにくくなったため、切り傷の治りが遅くなることもありますので、気をつける必要があるでしょう。DHAやEPAは脂肪酸という油の一種なので、放置しておくと酸化作用を受ける恐れがあります。DHAやEPAはできるだけ新鮮なうちに摂取してください。

 

サプリメントの場合は、賞味期限を確認しできるだけ新しいものを使用するようにしたいものです。保存の状態にも気をつけなくてはなりません。脂質は光によっても酸化されますので、DHAやEPAのサプリメントは色つきのガラス瓶に入ったものを使うようにしてください。

 

日光の直接当たらない日陰に保存しておき、空気による酸化が起きないよう、封を切ったら早めに使いましょう。賞味期限が過ぎたEPAやDHAのサプリメントを飲むと、蕁麻疹や湿疹などが出ることもあるそうです。

 

使い切らずに捨てるのはもったいないことかもしれませんが、古くなったDHAやEPAサプリメントは処理してしまってください。


このページの先頭へ戻る