×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブルーベリー

ブルーベリーとサプリメント

ブルーベリーのサプリメントが人気を集めています。最近では、サプリメントのほかにもお菓子の風味づけなどにもブルーベリーは使われています。欧米では、ブルーベリーはいちごやぶどうと同様に生で食べる果物として、テーブルに並ぶことが少なくないようです。

 

ブルーベリーは、国内では広く知られている名前ですが、輸入量が少ないこともあって、生の状態のブルーベリーを見たことがある人は少ないといいます。日本人の場合はブルーベリージャムなど、主に加工したものを中心に食べられています。

 

健康増進にブルーベリーが効果があることが知られるようになったため、日本でもブルーベリーが注目されています。生のブルーベリーを常に店頭に並べているスーパーマーケットもあります。ブルーベリーをサプリメントで摂取するという方法も一般的です。

 

ブルーベリーのサプリメントは、様々なサプリメントメーカーや食品会社、大手製薬メーカーなどが作っており、特色あるサプリメントを出しています。ブルーベリーのサプリメントは、どんどん売れ行きを伸ばしているようです。

 

サプリメントとしてブルーベリーの評価が高いのは、ブルーベリーは体に良く、特に目にいいという点が求められているためです。欧米でも、ブルーベリーは体にいいとして、ブルーベリーサプリメントで安定して体に取り入れているという人もいます。

 

医者からもらう薬の中にも、ブルーベリーの成分が含まれていることがあるほど、ブルーベリーは体にいいといいます。今後は、日本でもブルーベリーサプリメントは順調に売り上げを伸ばしていくことでしょう。

ブルーベリーの効果とサプリメント

ブルーベリーサプリメントはどのような影響があるのでしょう。目にいいと言われているサプリメントはいくつかあります。ブルーベリーのサプリメントが眼精疲労に役立つとされていますが、そのきっかけはイギリスで、あるパイロットの話だったようです。

 

ブルーベリーの大好きなパイロットが夜間の飛行でもよく見えるのは、毎日ブルーベリージャムを欠かさず食べているからだとうわさになりました。その後、ブルーベリーにたっぷり含まれているアントシアニンが目の疲れに効果があることが証明され、科学的にもブルーベリーが目にいいことが明らかになったというわけです。

 

最近では、サプリメントだけでなくジュースや菓子でもブルーベリーが使われています。ブルーベリーに含まれるアントシアニンは主に眼精疲労や目からくる肩こりなどによく効きます。夜間の運転などにも効果的だそうです。

 

夜でも疲れている時でも、ブルーベリーサプリメントを使うようになったら目がきくようになったという方もいます。ブルーベリーの健康効果は、ポリフェノールを補給できるという点も関わっています。活性酸素から体を守る効果があり、生活習慣病の予防にもなるポリフェノールは、カカオや赤ワインにも豊富に存在します。

 

生のブルーベリーを摂取しても健康効果はありますが、ブルーベリーサプリメントは有効成分がギュッと詰まっていてリーズナブルです。ブルーベリーの効果は1日きりなので、毎日コツコツサプリメントで摂取することが大切です。比較的値段の安いブルーベリーのサプリメントも売られているので、手軽に試してみるのもいいでしょう。

ブルーベリーサプリメントの選び方

ブルーベリーサプリメントの選び方についてです。以前は加工品でしか手に入りませんでしたが、最近はスーパーの青果売り場でもブルーベリーは販売されています。ブルーベリーを冷凍の状態で販売しているところもあり、常備しやすくなりました。

 

ブルーベリージャムは食パンにぬるだけではなく、ヨーグルトにかけたり、ケーキに混ぜたり利用方法は様々です。できるだけ毎日意識してブルーベリーを利用したいものです。健康食品は薬では無いので即効性を期待してはいけません。

 

2〜3日でやめるのでは無く、毎日続けることが必要です。加工したブルーベリーを摂取する時は、ジャムのように砂糖が多いものは高カロリーの危険性があります。その点、サプリメントなら低カロリーでブルーベリーの必要な成分が詰まっているので、安心して摂取できます。

 

ブルーベリーの栄養素を効率的に摂取できることが、サプリメントの利点です。最近では、数多くのブルーベリーサプリメントが売り出されていますので、用途と体に合うタイプを使うといいでしょう。

 

ブルーベリーのサプリメントを選ぶときには、エキスと有効成分の量に注目することがポイントです。アントシアニンの含有量が多いものほど、より高い効果が望めます。サプリメントでブルーベリーを摂取する際には1日の摂取量を守り、摂り過ぎないよう気をつけることも大切です。


このページの先頭へ戻る